【商品紹介】シュリンクレザー(シュランケンカーフレザー)

BONAVENTURAといえば、なめらかな質感が魅力の「シュリンクレザー」を思い浮かべる方も多いはず。

今回は大人気の「シュリンクレザー」の魅力をお伝えいたします!

 シュリンクレザー

 

シュリンクレザー(シュランケンカーフレザー)には、1864年からドイツにて皮革を鞣し(制作)しつづけている有名老舗タンナーである「ペリンガー社」の皮革を使用しています。

ぺリンガー社は品質が良いだけでなく 環境に配慮したタンナーであることから、世界中のトップブランドから高い評価を得ています。

 

シュリンクレザーの特徴

シュリンクレザーは、クローム鞣しのシュリンク(収縮)加工による自然の美しい「シボ」が特徴。

部位によってシボが大きかったり深かったりと様々な表情があり、同じものが2つとない天然革の個性をお楽しみいただけるのも魅力。

水気にも強く、使い始めはサラッとした質感のため、夏にも気持ちよくご使用いただけます。

またご使用いただくにつれ、艶感のあるしっとりとした柔らかい手触りへ

夏頃からご使用いただくと、サラッとした質感をお楽しみいただきつつ、

秋冬にはしっとりとしたなめらかな風合いに!

自分で育てていくような、愛着の湧く一品になります。

 

 

シュリンクレザー

 

耐久性について

 

数あるレザーの中でも、とりわけもっちりとした弾力があり、

ちょっとしたスレはふっくらと復元するほど。

傷が付きにくく、水気にも強いシュリンクレザーは日常使いにぴったり!

 

 

豊富なカラーバリエーション

シュリンクレザー

シュリンクレザー

 

顔料を厚塗りして仕上げた安価な革とは異なり、ぺリンガー社の皮革は時間をかけてアニリン染料仕上げをした後にさらに非常に薄く顔料を塗布する工程を加えることで、革の自然な風合いを残しつつ鮮やかな発色を実現。

色落ちや退色が殆ど無く、長い時間美しい発色を保てる「最高級レザー」を仕立てあげています。

日常からビジネスシーンに合うカラーを幅広く展開。

お気に入りのカラーが必ず見つかります。

 

ナノガラスコーティング加工について

ナノガラスコーティングスプレー


BONAVENTURAでは、レザーの製造工程で ペリンガー社と共同開発したナノガラスコーティング(撥水加工)を施しています。
人体に無害で革の質感を損なわないガラスコーティングにより、レザー自体が水分を弾き、汚れやシミが付きにくい仕様を実現しました。より永く美しい状態をお楽しみいただけます。

別売りのナノガラスコーティングスプレーを3~4か月ごとにスプレーしていただくとコーティング効果が復活します。

詳しいお手入れ方法はこちらをご覧ください。

ナノガラスコーティングについて

 

天然皮革の個性について

革の表面の立体的なシワ模様のシボの大きさは革の線維の密度や締まり具合などによって変わってきます。
一枚の革の中でも部位によって出方が異なり、全体が均質なものにはなりません。
革の表面にしま状の模様や長い筋が入ったトラや、 革の表面が稲妻のような筋状に入っている血筋は、 革の表情を豊かにする自然の刻印として親しまれています。
これらは天然皮革にしかない模様ですので、革の個性として風合いをお楽しみください。 


いかがでしたでしょうか。

BONAVENTURAではシュリンクレザーの他にも、
異なる魅力を持つノブレッサレザーも展開しております。

ぜひあわせてご覧ください。
【関連記事】